飲み込む力(嚥下力)が低下したかどうかを判断する方法

味覚の秋ですね。

カレーが大好きで、ドライブで遊びに行った先々のカレー屋さんを探しては各地のカレーを楽しんでいます。

ところが、先日、佐賀の方に足を伸ばしてランチで頂いた美味しいカレーで食べているときに慌てて食べてしまってムセてしまいました。ちょっとだけのどに引っかかっただけでゴホゴホと咳が出てしまい、しばらく涙目になってしまいました。

嚥下力低下にまつわるわかりやすい症状

飲み込みつまり嚥下がスムーズにできていなかったようです。嚥下がスムーズにできていないと以下のような症状を認めます。

・ムセる
・食欲低下
・ガラガラ声
・飲み込みにくい
・痰がからむ
・食べこぼす

もう少し詳しい自覚症状に対するチェックシートをご紹介いたします。

http://www.emec.co.jp/swallow/check.html

一つでも当てはまるものがあれば、飲み込む力(嚥下力)の低下のサインです。一度専門機関で嚥下の評価を行った方がいいかもしれません。

嚥下力低下かも!そんなときは嚥下体操を!

嚥下力の低下に対して、リハビリによって誤嚥を防ぐ方法があります。

藤島式嚥下体操セット (浜松市リハビリテーション病院)

http://www.hriha.jp/section/swallowing/gymnastics/

嚥下訓練の動画

嚥下とともに大事なのは歯磨きです。歯磨きは本来は食後に行うことが基本なのですが、とくに嚥下力が低下している高齢者の場合は、食前にブラッシングすることも大事です。なぜなら今から食事をするぞという認識と口腔内の細菌をあらかじめ減らしておくという側面があるからです。

食前に行う嚥下体操とともにブラッシングを行うことで口の中の菌量を減らしてから秋の味覚をお楽しみください。

https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/yukidr/201811/558554.html