新飯塚いとう歯科 診療時間のお知らせ

 

ご予約 ご相談

0948−26−2786

新飯塚駅すぐ隣り 【オーラルクリニック】

 

新飯塚駅東口 徒歩4分 【ケアクリニック】

ホワイトエッセンス

医療機関の技術力にエステの心地よさを取り入れたホワイトエッセンスはデンタルエステクリニックとして2001年に誕生しました。
歯と口もとの美と健康については私たちにお任せください。

 「美しく健康的な口元になることで、コミュニケーション活動がより楽しくなる」そんなライフスタイルをお客様にご提供し、歯科医院を「行きたくないところ」から「楽しく通い続けたくなるところ」へとイメージチェンジしたいという思いをホワイトエッセンスで実現したいと思っております。

私どもは、明るく元気に誠実にお客様と向き合い、お悩みにしっかり耳を傾けます。そして院内全体で知恵を出し合い、プロとしてお客様にとって最善なメニューをご提案させていただきます。心地よく施術をお受けいただくことで、より美しく健康的なお口元を手に入れていただき、その喜びを感じていただけるよう、治療サイドの各専門医とも連携してトータルサポートいたします。

院長  伊藤 剛

〜歯科疾患実態調査から〜 子供のむし歯についてわかる3つのこと

平成28年に行われた歯科疾患実態調査(以下、調査)から、今回は子供のむし歯(う歯)についてわかったことを記事にしてみたいと思います。

1 こどものむし歯って何歳頃から増えてくる?

各年齢時にう歯がない者、処置完了の者、処置歯・未処置氏を併有する者、未処置の者の割合を調べています。その結果、4歳以上8歳未満ではう歯を持つ者の割合が40%前後であることがわかりました。つまり4歳になると、痛みや症状が無くても、もしかしたらむし歯になりかけている歯牙がお口の中にあるかもしれないということがわかります。

2 口の中にむし歯のまま、処置されていない乳歯は何本あるか?

 平成5年から6年後に行われている調査で、6年ごとのデータを比較しています。およそ各年齢において平成5年から平成28年に進むにしたがって未治療の歯牙の本数は減少していることがわかります。

6歳時でデータを見てみると

 平成5年では一人あたり3.5本の未処置歯があったのが、平成28年では1.0まで低下しています。(平成5年と平成28年で未処置歯の診断基準が異なっているので単純なデータの比較はできませんが、ただおおむね未処置歯牙の数は減少しているということは言えます。)

平成5年から平成28年にかけて治療が必要な歯の本数は減ってきてはいるものの、一人の子供あたりおよそ1本のむし歯があるかもしれないということがわかります。

3 乳歯+永久歯をもつ子供においてむし歯を持つ割合はどれぐらいか?

個人差はありますが、5歳ぐらいから最初の永久歯が生えてきます。その5歳以上15歳未満においておよそ4−7割の子供が乳歯もしくは永久歯にむし歯を有していることがわかりました。(12歳は除く)

 

 図8は乳歯+永久歯にむし歯を持つ者の割合の年次推移です。平成5年から平成28年にかけて徐々に減少していますが、平成28年のデータでは12歳を除いておよそ30%前後の子供において処置されていないむし歯を持つことがわかります。

参照 平成28年歯科疾患実態調査

新飯塚駅から徒歩4分、新飯塚いとう歯科クリニックではこどもの歯科治療を行っています。

治らない口内炎は・・・!? 口腔ガン検診のお知らせ(※定員に達しました)

口腔ガンとは?

舌や頬の粘膜、歯ぐきなどに生じる悪性腫瘍の総称を口腔ガンといいます。

年間どれぐらいの人が罹患しているか

口腔癌に関する正確な全国調査は実施されていませんが,日本における口腔癌罹患数は1975 年には2,100 人,2005 年には6,900 人でしたが,2015 年には7,800 人になると予測されています。(2013年 口腔癌診療ガイドライン)
これは,全癌の約1%,全頭頸部癌の約40%を占めます。年齢調整による口腔癌患者の男女比は3:2と男性に多く,年齢的には60 歳代に最も多いです。。人口の高齢化に伴って口腔癌罹患数も増加しつつあります。

年間にどれぐらいの方が亡くなられているか?

2016年の統計で約7,600名の方が亡くなられています。

口腔癌の危険因子

発癌には複数の発癌因子が作用して,多段階的に癌に移行すると考えられ,口腔癌も外的慢性刺激により遺伝子異常が生じ,これらが蓄積して初めて生じるものと考えられています。
喫煙は口腔癌における最大の危険因子と考えられています。南アジア諸国では全癌の約30%を口腔癌が占めていますが,これは檳榔子(ビンロウジ)などの噛みタバコの習慣によるものが大きいとされています。
慢性の機械的刺激として傾斜歯(傾いた歯牙),齲歯(むし歯),不良な充填物,不適合な入れ歯などが挙げられます。これらがDNA 修復能に異常をもたらし発癌するとされてますが,不適合義歯そのものは口腔癌の直接的な原因にはならないとする意見もあります。

飯塚歯科医師会で行われる、口腔癌検診について

※口腔がん検診は定員に達しました※
平成30年11月10日 飯塚歯科医師会館で口腔ガン検診が行われます。なかなか治らない口内炎などの症状でお困りの方はまだ若干の予約枠があるようですので、受診されてみてください。
11月10日 13:00より
飯塚歯科医師会口腔ガン検診
講師 医療法人社団三成会新百合ヶ丘総合病院
歯科口腔外科部長 喜久田利弘先生
場所 飯塚歯科医師会館
検診に合わせて市民公開講座も開催されます。
詳細は飯塚歯科医師会HPをご参照ください。
飯塚歯科医医師会
TEL.0948-22-2124
〒820-0068 福岡県飯塚市片島3丁目11番29号
 
飯塚歯科医師会 HP
参考文献
口腔癌診療ガイドライン
がん登録 統計

診療のスケジュールを公開しました。

新飯塚いとう歯科の診療スケジュールを公開しました。

新飯塚いとう歯科は本院、ケアクリニックともに11月より毎週木曜日を休診といたします。

矯正の診療日の木曜日は午後のみ矯正治療の患者さんの診療を行います。

予約の連絡や変更の際にご活用ください。