講演会のお知らせ 『認知症があっても希望する地域で住み続けられる街作り』

2025年には高齢者の5人に1人が認知症に

認知症の高齢者数は平成24年(2012年)には7人に1人でしたが、これが2025年には5人に1人が認知症になるという推計があります。今後、この数はより増えていくと考えられます。

認知症になれば、その患者さんを支える家族に経済的、社会的な負担が大きくなります。

認知症患者さんのお口の中は

認知症になれば、身の回りの世話、歯科であればお口の清掃を適切にすることがが難しくなり、むし歯が進行したり、歯周病が進行したり、また適合が低下した義歯を長期使用することにより口内炎ができたり、徐々にトラブルがでてきます。

健康な時期にむし歯や歯周病に対する治療および管理を行い、もしも認知症になったとしてもご家族や施設の方、もしくは歯科医、衛生士によるケアがスムーズにしておくことは大切なことです。

講演会のお知らせ

『認知症があっても希望する地域で住み続けるまちづくり』をテーマに公開講座が開かれることになりました。

日時 平成30年12月2日 13:00〜16:10

場所 桂川町住民センター

当日、体力測定のコーナーや認知症を予防する運動などに加えて、お口の相談コーナーも併設されます。将来のもしもに備えて、ぜひ参加されてみてください。

2018年認知症 市民公開講座

地域生活リハビリテーション研究会 研修会のご案内 (施設勤務の方へ)

施設勤務の方へ

高齢者の尿失禁は一般に在宅者の10%、病院、老人施設入所者は50%と報告されており、生活の質を低下させる一因となっています。

現場で使える尿漏れ予防のための骨盤底筋エクソサイズ、実践を交えながら学んでいたく研修会が開催されます。

詳細は下記PDFをご参照ください。

【高齢者における尿漏れ体操】〜理論と実践〜

市民公開講座のお知らせ 「本当の“口福”の作り方を教えます ~健口と口福をキャッチしよう~」

【市民公開講座】

日 時  平成30年11月10日(土)午後3時~午後4時30分

場 所  飯塚歯科医師会館 2階

講 師  自然食講師・マクロビオティックインストラクター 寺﨑 愛先生

演 題 「本当の“口福”の作り方を教えます

         ~健口と口福をキャッチしよう~」

受講者  100名まで(お子様連れでも大丈夫です)

受講料  無料

※同日開催の口腔がん検診は定員に達しました。

いいな、いい歯検定のお知らせ

福岡県歯科医師会のHPで「いいな、いい歯」検定が行われています。

https://www.fdanet.or.jp/support/top_iinaiiha.html

検定は5問の問題に答えて、3問以上の正解で下記の商品をゲットできます。

個人的には朝倉の特産品が気になりますね。

朝倉と言えば、パン屋の月の峠。秋月の桜や紅葉の季節に遊びに行くと良く立ち寄ります。

http://www.fukuokabrand.com/shops/detail/113

また、ちょっと杷木になりますが、ハンバーガーのデリボーイも週末は列ができます。

https://hitosara.com/tlog_40040182/

 

一番のお勧めは、パン屋なのですが、シェサガラ!

https://www.chez-sagara.com/

昼前にはお薦めパンは売り切れになってしまいます。

 

あと、最後にもう一つ。週末のランチは「たねの隣」が有名ですね。週末は混み合います。

https://retty.me/area/PRE40/ARE136/SUB65406/100000050296/menu/

それはさておき朝倉の特産品が抽選で当たるという「いいな、いい歯」検定

ぜひトライしてみてください!!

新飯塚いとう歯科 診療時間のお知らせ

 

ご予約 ご相談

0948−26−2786

新飯塚駅すぐ隣り 【オーラルクリニック】

 

新飯塚駅東口 徒歩4分 【ケアクリニック】