予防・メンテナンス・口臭治療

予防・メンテナンス

歯周病予防・虫歯予防は、当院におまかせください!

歯周病予防・虫歯予防

歯周病予防・虫歯予防のイメージ

虫歯や歯周病は、別名、生活習慣病と呼ばれ、毎日のケアがもっとも重要になります。

現在、日本人の約80%が歯周病であるとまで言われており、日本人が歯を失う最も大きな原因とされています。
近年、日本でも歯に対する意識が高まってきており、「虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、病気になる前のケア」つまり、予防歯科が注目されてきています。
最も効果的で重要な予防法は、皆様ご自身での毎日のケアですが、ご自分では落としきれない歯垢や汚れが毎日少しずつ蓄積されています。
それを解消する方法が、歯周病治療で、具体的にはPMTC、スケーリングと呼ばれる歯科医院で行うお口の中のクリーニング、メンテナンスなのです。

PMTC

PMTCのイメージ

PMTCとは、(プロフェッショナル メカニカル トゥー ス クリーニング)の略であり、歯科衛生士もしくは歯科医師が、専用器具を使用して、特にバイオフィルムと呼ばれる歯にこびりついた細菌の塊の除去、歯と 歯の間の歯垢の除去を目的としてお口の中を清潔にします。保険で予防は行え、虫歯や歯周病にならないお口のメンテナンスはもちろん、口臭予防などの役割も あります。

スケーリング

スケーリングのイメージ

主に歯周病の初期治療として行われる事もあり、歯垢と、(PMTCでは対応できない)歯石を除去します。歯周病の進行を抑え、予防する事につながります。歯周病の初期では、これだけで症状が改善される事が多いです。
ツルツルの歯になりたい方、毎日の歯みがきに自信がない方、歯を健康に保ちたい方は、まずはお気軽にご相談ください。

その口臭、歯周病のサインかもしれません

会話するときに自分の口臭や相手の口臭が気になることがあると思います。お口の中は温度が高く湿気(水分)
があるので、食べカスなどがあると雑菌が繁殖しやすい場所。においが発生しやすいのはそのためです。

ですが、口臭の中には病気が原因となっているものもあります。気になる口臭がありましたら、恥ずかしがらずに
筑豊エリアの歯医者「新飯塚いとう歯科クリニック」へご相談ください。

口臭を感じる瞬間

普段はそうでもないのに、起床時や空腹時に口臭を感じることが多いのはなぜでしょうか?これには唾液の
分泌量が関連しています。唾液には口内の抗菌作用や自浄作用があるので、正常に分泌されていれば口臭も
抑えられますが、唾液の分泌量が減少するとにおいが強くなるため、気になってしまうのです。起床時や
空腹時は、唾液の分泌量が通常の10%以下になるといわれています。

また、大切な人と会うときや面接の前などにも口臭が気になるという方がいらっしゃるかもしれません。
これは、緊張によって唾液の分泌量が減ってしまうから。女性の場合、月経時や妊娠時にはホルモンの作用に
より口臭が強くなることもあります。

口臭の種類

口臭には大きく分けて2つあります。誰にでも起こる「生理的口臭」と、病気によって起こる「病的口臭」です。

生理的口臭について

上記の口臭を感じる瞬間でご説明したのは、誰にでも起こる一時的な口臭「生理的口臭」
です。歯みがきやマウスウォッシュ液、ブレスケア用品などを活用することで気にならなくなります。また、
ガムを噛むと唾液の分泌が促されるので、口臭予防につながります。

病的口臭について

病的口臭には「お口の中に原因があるもの」と、「身体の病気が原因のもの」があります。
身体の病気として考えられるのは胃腸疾患や糖尿病など。蓄膿症なども原因となることがありますので、
内科や耳鼻咽喉科の受診をおすすめします。

お口の中に原因がある口臭

むし歯や歯周病、舌の汚れや詰め物の劣化などはすべて、口臭の原因になります。歯みがきがおろそかになり、
お口に汚れが溜まってしまうだけでも口臭は起こります。また、意外に思われるかもしれませんが、
抜けてしまった歯を放置するだけでも歯ぐきの炎症を招くので口臭の原因になるのです。

口臭の原因はさまざまですが、その中でも特に気をつけなければならないのは歯周病です。歯周病によって
口臭がきつくなっているとしたら、相当病気が進行してしまっているということ。放っておくと大切な歯を
失ってしまうかもしれません。気になる口臭がありましたら、お早めにご相談ください。

口臭治療の流れをご紹介します

口臭が気になる/口臭を指摘された

そんな口臭でお悩みの方は、一度福岡県飯塚市の
歯医者「新飯塚いとう歯科クリニック」にご相談
ください。口臭測定装置口臭治療設備
取りそろえ、患者様の口臭の原因を特定して
適切な治療に役立てています。

口臭の原因

口臭の原因は患者様一人ひとりで違います。一時的に生じる生理的口臭は誰にでも起こりますが、身体の病気を
原因とする病的口臭だったり、お口の中に原因があったりする場合は治療で改善できるかもしれません。

口臭が気になるようでしたら、まずは簡単なセルフ口臭チェックをしてみましょう。また生活調査票を
1週間記入してみましょう。

セルフ口臭チェック
その1
空のコップに息を吹き込んで手でフタをしてください。そして周囲のきれいな空気を
吸ってから、コップの中のにおいをかいでみましょう。
その2
舌に苔が付いている場合は、その舌苔(ぜったい)を舌ブラシや綿棒で取り、そのにおいを
チェックしてみましょう。
その3
家族など気軽に相談できる方に、においをかいでもらいましょう。1~3人にかいでもらうと
チェックの精度が高まります。
生活調査票

朝から夜までのお食事やおやつの時間と内容をご記入ください。また、口臭の状態も書き入れてください。
1週間分を書き記すのはなかなか大変ですが、口臭治療のためですので、なるべく細かくお願いします。
過去の通院歴や気になっていること、その他歯科医師に伝えたいことなどもご自由にお書きください。
≫生活調査票はこちらです

お口の中をチェック

お口の状態を観察すると、生理的口臭病的口臭、どちらの可能性が高いかがわかるかもしれません。

  • 01口の中がパサパサと乾燥している
  • 02舌の表面が白い
  • 03仕事などでいつもストレスを感じている
  • 04歯の表面がザラザラしている
  • 05詰め物や被せ物、入れ歯が入っている
  • 06舌をみがいたことがない
  • 07むし歯がある
  • 08歯ぐきがよく腫れる
  • 09歯ぐきから出血がある
  • 10歯がグラグラする
01~03に当てはまる場合
生理的口臭の可能性が高いでしょう。唾液が少ないのも口臭の原因となります。
04~07に当てはまる場合
歯みがきが不十分で歯垢や汚れが溜まっているかもしれません。
むし歯の場合は治療が必要です。
08~10に当てはまる場合
歯周病が原因かもしれません。早めに歯科医院に行って改善しましょう。

口臭治療の流れ

  1. 予約

    01予約

    まずはお電話かメールでご予約をお願いします。
    まず「生活調査票」を1週間分ご記入いただきます。

  2. 初診・カウンセリング

    02初診・カウンセリング

    初診の際に1週間分の行動をご記入いただいた「生活調査票」をお持ち
    ください。問診では口臭についてのお悩みなどをじっくりうかがいます。
    恥ずかしがらず、何でもお話しください。

  3. 精密検査

    03精密検査

    口臭検査、唾液検査、口腔内検査、尿検査などのさまざまな検査を行い、
    口臭の原因を調べます。

  4. PICK UP !!当院で使用しているオーラルクロマについて

    当院で使用しているオーラルクロマについて

    口臭の主要要素とされる揮発性硫黄化合物(VSC)というガスを、3つのガスに分離し、どれくらいの濃度なのかを測定する口臭測定器です。なにが口臭の原因なのかを判断していく指標となります。

  5. 検査結果の説明とカウンセリング

    04検査結果の説明とカウンセリング

    検査結果をもとに口臭の原因を突き止め、患者様に丁寧にわかりやすく
    ご説明します。そして患者様のご要望をふまえて、ともに治療計画を
    立てていきます。

  6. 治療

    05治療

    口臭の症状に応じて適切な治療を行います。生活習慣の指導が必要な
    場合は合わせて行います。

  7. 再診

    06再診

    治療後、約3週間経ってから再診を行います。初診時の検査(尿検査以外)
    を行い、初診時との数値の比較をします。

お問い合わせはこちら

  • 初めての方へ
  • 小児歯科について
  • お子さんを歯医者嫌いにしないために
  • 妊婦歯科健診
  • 予防・メンテナンス 口臭治療
  • 予防・メンテナンス 口臭治療
  • 虫歯 歯周病
  • ホワイトニング 審美歯科 補綴
  • インプラントブリッジ入れ歯
  • 矯正歯科
  • 障害者の方へ
  • Q&A
  • 医院案内
  • 24時間WEB予約

UP